GMOインターネットグループ(東証一部上場)GMOコイン
★専用スマホアプリ『ビットレ君』
(1)チャート
・単純移動平均線
・指数平滑移動平均線
・ボリンジャーバンド
・一目均衡表
・平均足
(2)テクニカル
・MACD
・RSI
・DMI/ADX
・RCI
2. 多様な注文方法の取引可能
・成行
・指値
・逆指値
のほか、
・OCO
・IFD
・IFD-OCO

ビットコインは最近よく話題なっているインターネット上で流通する仮想通貨の一つ!
法定通貨と違って、実際に手に取って支払いをすることはできませんが、
コンピュータ上でやり取りすることでお金としての価値をもつ通貨といえます。

ビットコインは政府の金融組織の規制を受ける法定通貨とは異なり、
P2Pネットワークを通じて相手と直接的に取引きをして受け渡しを行うという仕組みで機能します。

しかし、円やドルなどの法定通貨と交換することもでき、
通貨的な性質をもつという仮想通貨のです。

ビットコインは2009年に開発されてから、
世界各国でその知名度が高くなり、
旅行者がビットコインを使うことで、
旅行先で食事をしたり、
買い物をした代金を決済するなどよく行われています。

日本ではそれほど知られていなかったビットコインですが、
海外からの旅行者の便宜を図るため、
国内で利用できる環境が現在整えられているといえます。

ビットコインで支払うことができれば、
法定通貨に両替をする必要がなく、
為替の影響も受けずに他国で決済ができるメリットがあるのです。

ビットコインはある人からある人に送ることもでき、
その時の送金手数料も銀行などに比べるとリーズナブルで、
国際的な決済の手段としても個人的な利用ニーズが高まっている仮想通貨です。

ビットコインはブロックチェーンという仕組みが用いられています。
ブロックチェーンはファイナンシャルテクノロジーの一種で、
全く同じブロックチェーンが分散されて運用されているといわれているのです。

このことによって、
全く同じデータを複数のコンピューターで保管することが可能となって、
サイバーアタックなどのデータの改ざんリスクに強い特徴をもっていると考えられているのです。

一つのコンピューターで予想外のことが起こった場合にも、
全体には影響がないということなのです。

影響を受けていないコンピュータがたくさんあるので、
不正やデータの改ざんはほとんどできずに信頼性が高い点で安心感があると考えられています。

しかし、円やドルなどのような中央銀行が発行するという性質のものではなく、
発行主体がないというのも大きな特徴です。

ビットコインにはアルトコインといわれているビットコインの代替通貨も何百種類以上あるといわれています。
これらはビットコインの代替通貨で、
例えば、リップルイーサリアムという名前で呼ばれる仮想通貨などのことです。
これらの代替通貨はビットコインにはない長所などもあり、
ビットコインよりもよりセキュリティ面で高機能というシステムなども採用されているものもたくさんあります。

そのようなアルトコインを開発に携わっているのはマイクロソフトなどの著名なIT企業などで、
新しい仮想通貨の開発に投資などを行い、
開発した仮想通貨の価値が高くなるように努めている動きなどもあります。

将来的に、開発したアルトコインの価値が高くなると、
ビットコインなどに換える計画している企業などもあり
ビットコインなどの仮想通貨にはいま大きな注目が集まっているのです。

ただ、ビットコインなどの仮想通貨は中央銀行で発行されている通貨とは異なりますので、
その取扱いは自己責任で行われるようになっているのです。

仮想通貨の仲間であるビットコインも支払いだけでなく、
投資という点でもメリットがあると考えられており、
現在も注目が集まっています。

ビットコインの価値は段々と高まってきていて、
価格が高騰していたというニュースがよくありました。

しかしその後、その価格が大きく下落したということもあり、
ニュースで大きな話題になっていました。

ビットコインには多くのメリットがありますが、
ビットコインは中央集権的にメインサーバーで運用されているという種類の通貨ではなく、
中央銀行が直接関わっている法定通貨とは違っていますので、
仮想通貨に対する信頼性という点ではまだまだ課題があるという人も多くいます。

一時期、継続的に値上がりしていたビットコインは金と似ている性質があり、
マイニングという方法で新しく生み出すということが可能な通貨です。

マイニングは複雑な計算を解くことでその見返りとしてビットコインを得ることができる方法で、
性能の高いコンピュータを24時間体制で稼働させてその計算を行います。

そのような計算をしてビットコインをマイニングしたとしても、
ビットコインの発行の上限は既に決められており、
2100万BTCとプログラムにおいて決められていますので、
2140年ごろには上限に達してしまうといわれています。

金と同様、有限性があるのでその価値が高いということなのです。
この点については、ブロックチェーン技術によって管理されており、
偽造はできませんし、
データも劣化しません。
そのため、その点では信用は高いと考えられているのです。
このような特徴をもっているのがビットコインです。