仮想通貨ビットコイン儲かる?

仮想通貨ビットコイン儲かるからビットコイン始め方知りたい!

仮想通貨取引所のビットコイン購入方法から

簡単なビットコインfxやビットコイン先物とビットコインレバレッジのビットコイン仕組みをマスターしたくなる

仮想通貨ビットコインの儲かる期待感の醍醐味は人の心を駆り立てます!

仮想通貨取引所

仮想通貨ランキングや 仮想通貨取引所 役立つ仮想通貨情報

仮想通貨ランキング

日本で最も信頼性のある取引所は?

Ⅰビットフライヤーの特徴

ビットフライヤーの特徴としては最も安心感があるということです。

残念なことですが、これは相対的な安心という話になります。

日本には4つの主要な仮想通貨取引所があります。

1.ビットフライヤー

2.Zaif

3.ビットバンク/トレード

4.コインチェック

です。

ご存知の通り、

4のコインチェックは不正アクセスにより大量の仮想通貨が盗まれて大きなニュースになりました。

コインチェックに仮想通貨をおいておくのは少し怖いと思います。

3のビットバンクは現物取引のビットバンクCCと

レバレッジ取引のビットバンクトレードに分かれていて

別々に口座を開設しなければならないなどやや煩雑です。

2のZaif

Zaifもアルトコインの取扱いが多く、よく使われるのですが、

コインチェックほどではないにせよ盗難騒ぎが起きています。

さらにAPIと呼ばれるプログラム取引用の機能が

不安定で評判はいまひとつです。

これらの他の取引所に対して、

1.ビットフライヤー は、

大手都市銀行が出資しており、

信頼が厚く、

最高峰のセキュリティがあると言われています。

そうは言っても、

ビットフライヤーの正式な盗難補償は

500万円までの現金不正引き出しに対応しているにすぎません。

ビットフライヤーが大量の仮想通貨の盗難に遭った場合、

どの程度の保証があるかは誰にもわかりません。

どの取引所を使うにせよ、

二段階認証やウォレットへ移管するなど、

自己防衛が必要です。

Ⅱ レバレッジ取引

ビットフライヤーには2種類のレバレッジ取引があります。

1.Lighting FX 

2.Lighting Futures(先物)

です。

以下、「FX」と「先物」と呼びます。

FXについては、手数料が無料で取引できるので、

手軽にレバレッジ取引ができます。

レバレッジは3倍から15倍まで自由に設定できますので、

ご自身の取れるリスクに応じて設定できます。

最初は低いレバレッジでチャレンジすることをお勧めします。

FXは手数料が無料ですが、

金利(スワップポイント)はかかります。

為替のFXのスワップポイントは、

通常、売り・買い、どちらかが受取り、

どちらかが支払ですが、

ビットフライヤーの場合は、

売り買いどちらでも支払となります。

金利は一律0.04%となります。

年利に直すと14.6%という高い金利になりますので、

長期にポジションを保有する場合は注意が必要です。

 さらにFXにはSFDと呼ばれる制度が2018年2月より導入され、

ビットコインの現物とFXの乖離が広がりすぎないよう調整が行われています。

ただし、導入当初は、

ビットフライヤー側の意図せぬ乖離が発生しましたので注意が必要です。

これに対して、

ビットフライヤーの先物を取引するという方法もあります。

先物は限月が決まっており、

限月の最終日(金曜日のお昼)に

ビットコインの現物の値に一致するという性質上、

FXのような乖離は生じにくい仕組みになっています。

もし、ビットコインの送金に時間がかかるので

ヘッジをしておきたいという場合には、

FXよりも先物の方が安心です。

先物は現物の値との

乖離が起きにくい仕組みになっているからです。

しかし、先物はFXに比べて流動性がないので、

よく板を見て余計なスリッページコストを払わないように

注意する必要があります。

最後にFXと先物両方に共通するポイントは?

両者とも、bitflyer Lightningという、

トレード用の画面で取引することになります。

ビットフライヤーには、

株などの証券会社のような取引ツールはなく、

ブラウザでの取引になります。

株などの取引ツールに慣れた人は、

おそらく最初は戸惑うと思います。

板の情報が小数点以下たくさんあって、

厚い板と薄い板(小数点3位や4位など)がまちまちで、

とても人間が板を読むということはできないです。

 困るのが内出来(指値の一部だけが約定したこと)です。

指値が置いて行かれた時に、

株の取引ツールではドラッグして指値を動かせますが、

ビットフライヤーの取引画面ではそれができません。

 仮想通貨はそういったツールの面も含めて

まだまだ開発途上なのです。

 

もう一つの特徴は、
証拠金を日本円以外に仮想通貨(ビットコイン)で預けることもできます。

いわゆる株で言う

信用二階建てのような取引も可能ということです。

現金がどうしても窮屈なときは

ビットコインを証拠金にしてポジションを持てるので、

取引の自由度は広いと言えます。

Ⅲ API

仮想通貨の取引所には

APIが用意されていることが多いです。

ビットフライヤーでも使いやすいAPIが用意されていて、

その点は評価できます。

APIとは、プログラム開発者向けに公表されている機能の一つで、

ビットコインやアルトコインの

現在の値を自分のPCで呼び出したり、

注文したりできる機能のことです。

現在の買い板、売り板の情報を呼び出すこともできます。

APIを元に自動売買のプログラムを書くこともできます。

ビットフライヤーのAPIは、

最初に書いた他社よりも安定しており、

十分取引に使用できるものではあります。

それでもアクセスが集中する急落、

急騰時などはどうしても重くなります。

絶対はありませんので、

サーバーの状態も取得しつつ

APIを活用されることをお勧めします。

Ⅳ まとめ

全体を通してですが、

現在の日本で

仮想通貨の取引を安心して行うには

ビットフライヤー一択と言わざるをない状況です。 広告にお金をかけるのはもうやめて、

投資家が安心感をもって

お金を預けられる環境をととのえてほしいと思います。

bitFlye(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerとは?

bitFlyerはビットコインFXをする人にとてもおすすめといわれている取引所です。

仮想通貨は世界的に注目されている暗号通貨ですが、

全世界のシェアの6割は日本が占めているといわれているのです。

その日本でbitFlyerは取引量やユーザー数などで第一位!

資本金という点でも他の取引所を抜いて第一位になっています。

bitFlyerの株主には日本の名だたる企業がずらりと並んでいて、

信用度という点でも高く、

安心して利用することができるといわれているのです。

bitFlyerが初心者にもおすすめの販売所だといわれている理由に

簡単に購入できるという点が挙げられます。

bitFlyerのビットコイン販売所では、

2クリックでビットコイン購入が可能なのです。

そのため、初心者にも使いやすく手購入がしやすいメリットがあります。

また、初心者だけでなく、

上級者にもおすすめで、

どちらにも幅広く対応できる特徴があます。

bitFlyerのサイトはデザインや操作性という点で

初心者や上級者のどちらにも対応できるデザインです。

初心者でも簡単に2クリックでビットコインを購入でき

プロの投資家向けのLightning FXのトレードツールなどもあり、

仮想通貨という点でカバーをしているエリアは広いといわれています。

bitFlyerは安心して取引ができる

bitFlyerはビットコインを保管中の顧客のリスク保証ということも考えており、

国内大手損害保険会社とも契約をしており

ユーザーに評判がいい! さらに、bitFlyerはビットコイン取引高でも国内第一位になっていて、

bitFlyerは初心者も上級者も口座を作っておくことがおすすめです。

bitFlyerはテレビやインターネットなのでよくCMが流れ

おなじみの取引所で、

国内のビットコインの取り引きにおいて大きなシェアです。

bitFlyerの口座をもつと

ビットコインを買ったり売ったりすることができます。

bitFlyerの取引高は国内第一位で、ユーザー数も一位!

そのため、この取引所でビットコインを売買すると

売買が成立しやすいメリットあります。

指値で購入する場合、

その値段で売りたい人がいなければ取引は成立しません。

しかし、bitFlyerのユーザーは多いので、

自身が買いたい価格で売りたい人も見つかりやすいといえます。

そのため、ビットコインを確実に手に入れたいという場合には

bitFlyerを利用することで買いやすい長所があります。

bitFlyerでビットコインを購入する場合、

まずはbitFlyerに入金を行います。

bitFlyerではクイック入金とコンビニ入金、

銀行振り込みから選択して入金できるようになっています。

クイック入金とは、

ペイジーかインターネットバンキングで入金する方法です。 入金後にビットコインを購入していきます。

ビットコインを購入する方法は、

ビットコイン販売所を利用シしたり、

ビットコイン取引所を利用する方法があります。

また、クレジットカードを使用して購入を行う方法もあります。

取引所だと個人からビットコインを購入する買い方になるので、

取引がいつも成立するとは限りません。

販売所から購入すると少々手数料はかかりますが、

より簡単にビットコインが購入できて初心者の方にはおすすめです。

bitFlyerはセキュリティ対策がしっかりとしている

初心者からビットコインの取引を行う時には

取引は不安という人はおおいですが・・・。

bitFlyerだと安全性はかなり高いといわれています。

その理由として、SSL通信が採用されていたり、

ファイアーウォールで社内環境を防御するなどの

セキュリティ対策が講じられている点が挙げられます。

また、不正アクセスが常時監視されたり、

携帯電話、デバイスによる2段階認証システムになっていたり、

ウォレットがインターネット接続されていない

コールドウォレットシステムが採用されています。

そのため、より安全に取引を行うことができるようになっているのです。

また、無料でビットコインがもらえるという大きな特徴があります。

公式サイトのビットコインをもらうページを経由して、

掲載されているサービスを利用すると

無料でビットコインが付与されるという嬉しいサービスが受けられます。 そのため、bitFlyerはおすすめの取引所です。

bitFlyer概略

bitFlyerは国内最大級の仮想通貨取引所で、

ユーザー数や取引高も第一位という理想的な仮想通貨取引所です。

また、bitFlyerにはSSL通信や不正アクセスの常時監視などの

セキュリティ対策がしっかりと行われています。

そのため、これから仮想通貨取引を行ってみたいという人や、

もっとプロフェッショナルに利用できるサービスを期待しているユーザーなどには bitFlyerはおすすめです。

QUOINEX

QUOINEX

仮想通貨取引所

仮想通貨ランキング

仮想通貨取引所

それまでの株やFXなどの投資はサラリーマンや

個人投資家だけが興味を抱いていました。

しかし、最近話題の仮想通貨は普通の大学生や主婦にまで、

幅広く浸透しています。

多分、これを読んでいる方も極普通の方が多いと思います。

しかし、他の投資は興味がないけど、

仮想通貨には関心があって、

取引を始めてみたいと思っていますよね。

でも、どこで取引して良いのか見当が付かない状態なのでしょう。

そんな初心者向きの仮想通貨の取引所ランキングや、

私なりの情報をお教えして皆さんの役に立ちたいと思います。

●取引所と販売所の説明

ランキングに入る前に、

取引所と販売所の説明をします。

これは仮想通貨を取引きする前、

最初に立ちはだかる初心者が悩む点だからです。

そもそも、株やFXなどの投資の場合は、

あまり取引所や販売所で悩むことはありません。

厳密に言うと、似たようなものがありますが、

普通に取引する分にはネットから証券会社に口座を開設して終わりだからです。

しかし、仮想通貨の場合は普通に取引所と販売所が存在し、

そのどちらが良いのか混乱するのです。

まず、結論から言うと、

仮想通貨取引をしている大多数が取引所を利用しています。

ですから、

記事タイトルが「~取引所ランキング」となっていますよね。

これは、一応どちらからでも仮想通貨のビットコインなどの主要コインが購入可能ですが、

安くお得に購入できるのが取引所なのです。

では、なぜ販売所もあるのか疑問に思いますよね。

販売所のメリットは確実に早く購入可能なのです。

その名の通り、販売所は確実に販売されているが、手数料などが少々高めです。

対する取引所は、仮想通貨の取引をするという前提なので、

イメージするのは株やFXと同じで、

欲しい人と売りたい人がいるのです。

ですから、手数料が安く活発な取引が頻繁に行われていると思って下さい。

ですが、時にはスグに購入する事が出来ないデメリットもあります。

●初心者向けの仮想通貨取引所 ランキング

取引所と販売所の違いを理解したところで、

独断と偏見での初心者向けの仮想通貨取引所のランキングを紹介していきます。

Coincheck(コインチェック)は除外中

2018年1月26日ハッキング事件の件で除外しています

仮想通貨取引所コインチェックは約580億相当のハッキング被害事件が発生しています。 Coincheck(コインチェック)は現在除外しました。

2位「bitflyer」(ビットフライヤー)

コインチェックとビットフライヤーのどちらを1位、2位にするか悩みましたが、

僅差でビットフライヤーを2位としました。

理由は正直あまりなく、

CMや雑誌などの宣伝広告ではビットフライヤーが断然多いので、

それを上回るコインチェックにも関心が集まるようにした意味もあります。

有名な若手女優がCMキャラクターなので、

多分多くの人が一度は目にしたと思います。

テンション高くキャーと騒いでいるので、

印象に残っているでしょう。

でも、あれは仮想通貨の急騰を意味しているとするなら、

テンションが上がるのも納得ですね。

ここの特徴としては、日本最大手であり、

仮想通貨ブームになる前からいち早く取引所を始めた歴史があります。

ですから、信用度はかなり高いです。

反面として、スプレッドなどの手数料ではコインチェックに負けているので、

残念ながら2位なのです。

ですが、仮想通貨を取引きする人は、

一日や数日に何度も売買するよりも、

数か月や一年ぐらいの長期投資をイメージする人が多いですよね。

そうなると、少しだけ手数料が高くても、

実際にはそこまでハンデとなりません。

ビットコインを始めとした有名コインを多数扱っているので、

有名なコインを買い建てし、

後はじっくり長期間保有するなら安心できる業者の代表であるビットフライヤーも当然おススメなのです。

日本で始めて2014年1月に設立された仮想通貨取引所です。

現時点で4年目にあたる取引所ですね。

大手企業が出資していることで有名で、最近はCMでよく見かけますね。

取引所の中ではトップクラスの資本力を持っていて、

資本力があるところは安心につながります。

その豊富な資金力を使って、ログインするだけでビットコインがプレゼントされるキャンペーンがあるなど、

いかにも太っ腹な取引所です。

確認資料の種類や数登録によってランク分けされているのが特徴のひとつです。(ランクは5つあります)

プレミアムエコノミーのランクでは、

FXのようにレバレッジをかけた取引が出来ます。

(仮想通貨初心者はレバレッジをかけた取引はおすすめしません。何事も自己責任の範疇ですが)

口座開設はFacebookと連携しているので、入力が楽ですね。 安心して取引したい人とお得にビットコインを取引したい人にはオススメです。

3位「Zaif」(ザイフ)

ザイフについてはネットなどではとにかく評判が良く、

今後に期待できる意味合いを込めて3位にしました。

ザイフは日本の会社で、

仮想通貨を広めようと奮闘しているのが、

個人投資家などから好評のようです。

もちろん、それだけでおススメにしている訳ではないですが、

取引所や証券会社は少し悪いイメージもありますよね。

何というか大金を集めてお金儲けを企むような感じです。

ザイフに対して、この様な悪い感情を抱く人はいないでしょう。

仮想通貨という漠然としたものを、

きちんと世に広めようするのは社会的にも良い動きなのです。

だからなのか、他の取引所では見かけない、

仮想通貨なのに毎月一定金額を貯金するような「コイン積立」も対応しています。

これは、行き成り仮想通貨にドーンと大金を賭ける事に不安な人に、

とても有効なやり方です。

一般人的な感覚を持ち合わせ、

大金よりも少額を少しずつ賭けて仮想通貨の未来に期待したい人向けの取引所です。

あのホリエモンが監修した取引所であり、

なんといっても取引手数料がマイナスであること。

頻繁に取引をすれば、

その分手数料がもらえてしまうということです!(現物取引に限る)

マイナス金利政策で多くの銀行が焦っているなか、

こうした手数料をマイナスにして対応してくれる取引所があるのは、嬉しいですね!

口座開設に関しても、メールアドレスの登録から、

送られてくるURLにジャンプして入力をするだけという簡便さ。

口座を開設しておくのをオススメします。

またZaifコイン積み立てという、

毎月希望額を積み立ててくれるサービスもあるので、

気になる方はチェックしうてみてください。

中長期で仮想通貨を保持しようと思っている方には、

あまり恩恵はすくないかもしれません。

ザイフでしか買えない専用のトークンも多数あります。

価格自体が安いため、購入しておくのも一つの手かもしれません。

4位「Binance」(バイナンス)

バイナンスは以前まで実際に開設し、取引をしていました。

その印象として、慣れるまで若干操作し難い点もありますが、

世界最大の取引所なのでここもおススメできます。

具体的には、初心者よりも中級者向けと言えますが、

仮想通貨の場合は何度か取引すれば、初心者卒業と言えるので

もし自信があるなら最初からこちらで口座開設して始めても良いでしょう。

特徴としては、世界最大の取引所なので扱いコインが豊富です。

仮想通貨と言えば、誰もがビットコインやイーサリアムを想像しますが、

実際には数千のコインがあります

ですが、国内の有名取引所では主要コインしか扱っていません。

その場合、いくらビットコインなどが将来有望でも、

ちょっと値が上がり過ぎなのではと思いますよね。

また、自分で新しい第二、第三のビットコイン的なマイナーコインを探すなら、

バイナンスで開設して取引する事をおススメします。

最大手なので、手数料なども安いですし、

将来的にはさらに安くなると思います。

国内の最大の取引所であるコインチェックでは13銘柄ですが、

バイナンスではその比ではありません。

世界での取引はNo.1とのことです。

ちなみに、日本語にも対応し取引手数料も安く、

1銘柄の価格も安いのです。

マイナーなコインが多いため、

これからの値上がり(高騰)に期待ができます!

フォークコインも付与されるというので、

リスク承知の方は挑戦するのもひとつの手ではないでしょうか。

5位「GMOコイン」

株やFXなどの投資経験が多少あるが、

仮想通貨は初めてならGMOコインが良いでしょう。

仮想通貨取引は最近始めたばかりですが、

FXの世界では最も有名な証券会社となっているのがGMOグループです。

そのノウハウを蓄積しているので、

当然扱いやすくて見やすい画面などでは、

他の取引所と比較しても優れています。

個人的には一押ししたいぐらい素晴らしく、

手数料であるスプレッドも申し分なく狭いです。

 GMOインターネットグループの傘下であるGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

分別管理保障や取引手数料が無料であったりするのが特徴です。

取引銘柄はビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・ビットコインキャッシュなどやや少なめな数ですが、

今後順次拡大していくそうです。

また、最大の特徴としてレバレッジを25倍までかけることができるのがGMOコインです

レバレッジをかけらればかけられるほどリターンも大きいですが、

仮想通貨自体の浮き沈みは予測不可能なところもあるので、

資金に余裕のあるかた以外はあまりオススメできません。

安く買って高く売る取引が出来れば、億り人になれるかもしれませんが・・・。

職業が仮想通貨取引ですという人が、今後多くなるかもしれないですね。

●まとめ 個人的な独断で選んだ取引所ランキングなので、 初心者向けとはいえ異論もあるでしょう。 ビットコインなどコインを購入しポジションを持つと、 現在値などが気になって毎日のようにチェックしますよね。 すると、見やすい業者が良いと思いますが、 中にはまったく気にしなくチャートチェックすらしない人もいるでしょう。 そうなると、自分が気になるコインを扱う取引所なら、 どこで口座を開設しても問題ありません。

仮想通貨取引所

仮想通貨ランキング

仮想通貨ランキング!仮想通貨取引所おすすめ人気ランキングから仮想通貨一覧&税金など仮想通貨の安全投資に役立つ仮想通貨情報満載

仮想通貨 投資

仮想通貨投資メリット&仮想通貨投資メリットデメリットとは?

仮想通貨取引所

仮想通貨ランキング

仮想通貨取引所 役立つ仮想通貨情報

仮想通貨ランキング

仮想通貨取引所

仮想通貨ランキング

仮想通貨取引所

仮想通貨取引所

仮想通貨ランキング

仮想通貨ランキング!仮想通貨取引所おすすめ人気ランキングから仮想通貨一覧&税金など仮想通貨の安全投資に役立つ仮想通貨情報満載

仮想通貨 投資

仮想通貨投資メリット&仮想通貨投資メリットデメリットとは? 仮想通貨は一言で言うとインターネット上に存在する電子的な通貨です。

通常のお金のように紙幣やコインとしての着形が存在しないので仮想通貨やデジタル通貨と呼ばれます

日本でも既に利用が一般的になっている電子マネーとは異なります。 仮想通貨の特徴は日本銀行が発行している法定通貨と換金性があること、

暗号化と分散化技術で通貨の改ざん等の不正、消失を防いでいます。

特徴的は特定の国家や銀行に依存しない通貨であることです。

仮想通貨の具体的な特徴

法定通貨との換金性
電子マネーは、電子マネーから電子マネーへの換金は可能でしたが 日本では日本銀行が発行する円への換金は出来ませんでした。

仮想通貨はインターネット上に取引所が存在し仮想通貨からドルや円など法定通貨への換金が可能です。

現状、通常の為替相場のようにドルや円は取引所でやり取りが行われています。

仮想通貨は単なる通貨ではなく為替取引の FXや株式のような投資対象としても注目されています。

仮想通貨の画期的システム<
仮想通貨で画期的な暗号化と分散化技術による改ざんや消失の防止!

仮想通貨で最も有名なビットコインはブロックチェーン技術や分散化技術、プルーフオブワークシステムにより通貨としての安全性を保全します。

またブロックチェーン技術は仮想通貨だけではなく様々なお金のやり取りで活用されています。

このような保全がされているので新たな通貨として仮想通貨が地位を確立し、法定通貨との関係も安全にされているのが現実です。

特定の国家や銀行に依存しない通貨
通常の通貨は国家の銀行が発行し通貨保証は国が行います。

仮想通貨は特定の国家や銀行に依存せずに存在することが可能です。

しかしながら仮想通貨はブロックチェーン技術を始めとしたシステムの保全性の信頼からお金の価値が存在すると言えます。

この前提からはビットコインだけではなくシステムの安全性から法定通貨と換金できるような仮想通貨はいくつも生まれることになります。

仮想通貨の投資メリット3つのポイント

新たな投資対象で価値が急上昇する可能性
最もメジャーなビットコインは発行から数年間で何十万倍もの値上がりをしています。

同様に他の仮想通貨でも数十倍の煮上がりを記録することになり非常に投資対象として魅力的な存在です。

株式やFXなどの投資対象に比べても値上がり幅が期待できる点が大きなポイントです。

発行の上限が決まっていて出回るほど希少性が増す
仮想通貨は発行当初から上限が決まっていて出回る通貨の量が決定しています。

それだけに通常の法定通貨のように通貨が大量発行されてインフレが発生し、通貨の希少性が下がる事はありません。

要するに通貨が普及し出回るほど通貨の価値が上がる可能性が高くなるのです。

そのため普及が進む前に保有しておけば儲かると言う考えが働き、新たな仮想通貨が生まれる可能性も増えます。

入気が高い通貨が多い
1番流通量が多いと言われる通貨でさえも1日1,000円以上の値動きをすることがあります。

通常の株式投資とは違い短期的な売買を行うことに適した投資対象だといえます。

仮想通貨投資のデメリット

誰でも発行できる通貨なので詐欺通貨が横行していることが1番の問題です。

また、仮想通貨を売買する取引所が整備されておらず仮想通貨の信用性はあっても取引所がつぶれてしまうためにリスクが存在します。

また取引所が潰れてもユーザ保有通貨に対する補償が法律上ないで通貨の消失になります。

仮想通貨は新たな概念のため法整備が追いついておらず、例えば仮想通貨で利益を得たお金に対してどのように税金を課していくのかも不透明な状態です。

全世界で数百種類もの仮想通貨が存在し未成熟な仮想通貨を投資対象としてどれを選ぶか?

そしてどの取引所を選択するかは大きなポイントなのです。

仮想通貨とは、どんな貨幣?

この1、2年でビットコインがとても注目のされるようになりました。

そう、貨幣通貨の代名詞とも言える存在です。

このビットコインの他にも色々な種類の仮想通貨があるのですが、一体どんな通貨なのでしょうか?

●仮想通貨とは

インターネット上で流通しているバーチャル的な通貨で、国や地域、文化、慣習、人種に縛られないボーダーレスの通貨であり、幅広い用途があります。

最もポピュラーな使い方は、海外にいる家族や親戚、知人へ送金する場合に利用されることがあるのですが、送金に必要なコストが少なく、しかもスピーディーな対応が可能です。

銀行からの送金だと、日数が数日から数週間かかることが珍しくはなく、しかも送金手数料もかなり必要なのですが、仮想通貨なら、そのような心配は不要です。

特に国家間の交流がない相手先に送金することは、至難の技と言えるのですが、そのようなことがないのです。

●仮想通貨を管理する団体がないこと

通貨は通常、国単位で管理が行われています。

国が経済の動向を睨みながら、紙幣の発行を行なったりして、通貨の量をコントロールしているのですが、

仮想通貨は国が管理することのないインターネット上の通貨のために、自由度が高いのです。

しかも、管理コストも低いために、送金する場合でも、費用・手数料が安いわけなのです。

しかも、ビットコイン等は、どんな店舗でも取り扱いをしている所であれば、

ショッピングの決済手段としても、利用できるので、通貨そのものなのです。

●これだけ仮想通貨が、クローズアップされてきた理由

しかし、仮想通貨の中でも、これだけビットコインが注目されてきた理由は、貨幣価値が天文学的に上がったためです。

ビットコインが登場してまだ10年も経っていないのですが、立ち上がった頃に僅か数千円のビットコインが数千万円もの価値に跳ね上がったのです。

株式や為替取引上の世界でも、考えられないレベルの価値です。

このようなことから、投資としての価値が出てきたのです。

●仮想通貨の中でもビットコインは、中心となる通貨

世の中には、数多くの仮想通貨が存在します。

リアルな世界でも、私達が使っている円、ユーロ、ウォンがありますが、

やはりグローバルの中心にあるのは、ドルです。

これと同じようにビットコインは、仮想通貨の基軸となる通貨と言えるでしょう。

● ビットコインは、発行量の上限が決まっている

しかも、 ビットコインの発行量には上限が決められており、

2,100万ビットコインとなっています。

現在では恐らく1,400~1,500ビットコイン程度が流通していると思われます。

まさに金と同じ価値があるわけです。

このようなことから、投資対象となるのは、言うまでもないことなのです。

●ビットコインのセキュリティは?

しかし、インターネットの世界で流通する貨幣なので、便利な反面、

セキュリティ上での懸念はないのでしょうか?

ビットコインは、高度な暗号化技術で電子署名付きで送金処理されることになります。

したがって、偽造、なりすましの心配がないのです。

しかも、ブロックチェーンという送信者のID(個人の取引記録)が埋め込まれできるので、ますます改ざんの余地がないのです。

それは、マイニングと呼ばれている特殊な作業をグローバル規模で専門のメンバーが行っており、正当な取引の維持しているのです。

●ゲーム感覚で行われるマイニング

マイニングとは、発掘ともに称されるのですが、

特殊な計算作業を多くの人が携わっています。

その中で一番になれた人がビットコインを報酬としてもらえるという仕組みから、

自然とビットコインが安全に、且つ上手く回っているのです。

そのおかけで、通貨を管理する国の存在なしで、仮想通貨が機能しているわけなのです。

●仮想通貨の注意点

これ程のビットコインを始めとする仮想通貨なのですが、注意点もあります。

国単位での管理主体者が射ないために、これから先、

大幅な下落や値下がりがあっても、全て自己責任となります。

ビットコインは、今でも価値が上がってきています。

しかし、何時下落、暴落するか分かりません。

このような時は、国の介入もなく補償がありませんので、

その点が大きなリスクとして内在していることを忘れてはなりません。 最近では為替取引のFXの分野でも、仮想通貨FXが出て来ています。

値の動きが大きい仮想通貨FXでは、差益も大きくなると思われるのですが、

価値が下がった時のリスクも想定しておかなければならないでしょう。

●仮想通貨の取引所の選び方も注意が必要

仮想通貨の取引については、取引所の選択も見極めが必要です。

基本的に自己責任による管理が前提ですが、安心できる取引所を選ぶことです。

例えば、日本ブロックチェーン協会や

日本仮想通貨事業者協会、ブロックチェーン推進協会等の業界団体に加盟している取引所であり、

常に仮想通貨に関する動きや想定リスクもホームページやあらゆる媒体で情報発信をしている所が信頼のおける取引所と言えるでしょう。

このように仮想通貨はこれから、

インターネットが流通・経済のインフラとして続く限りは、

ますます拡大していくものと思われるのです。

ページの先頭へ