仮想通貨においてアルトコインの人気が上昇し価格が軒並み高騰中
最も2018年の暴落でアルトコインも大きく下落しました

しかし、ここ最近でビットコインという仮想通貨の知名度がグンと上昇し、
誰もが聞いた事のあるコインとなってきていますが、
仮想通貨にはビットコイン以外にも沢山のコインが存在します。

主にビットコイン以外のコインは、全てアルトコインと言われおります。
正式名称はalternative coinとなっていて、これを略した形でaltcoin(アルトコイン)と呼ばれているのです。
その種類は1000種類以上とも言われていて、主なアルトコインとして日本の取引所で取り扱いが多いのはイーサリアム(Ethereum=ETH)、イーサリアムクラシック(Ethereum Classic=ETC)、ライトコイン(Litecoin=LTC)、ビットコインキャシュ(Bitcoin Cash=BCH)、モナコイン(MonaCoin=MONA)です。
イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコインは、日本の取引所として一位、二位であるビットフライヤーやコインチェックで取り扱っていて、両取引所で購入出来ます。
ビットコインキャッシュとモナコインはビットフライヤーでの取り扱いとなっていますが、ザイフという取引所でもビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、モナコインを取り扱っていますので、それぞれの取引所の特徴をおさえながら効率よく利用して仮想通貨の取引をする事が大切です。
特に取引所によって手数料が違ってしまいますので注意が必要です。
この手数料はスプレッドと言われ、スプレッドが高ければ高いほど取引きの繰り返しで消耗してしまいます。
一つの取引所ではなく、取引所は数箇所登録しておく方が賢い選択です。
購入したいアルトコインによって、どの取引所が良いのかを考えながら、取引所を選んで購入する事で必要最低限のスプレッドで取引する事が出来るのです。

ここ数が月でアルトコインへの関心が高まり、主要なアルトコイン系が全て高騰しています。
特に2018年はイーサリアムの年と言われていますが、2018年に入ってすぐにイーサリアムが高騰を始め、イーサリアム系のコインは軒並み高騰を始めました。
その他にもコインチェックで取り扱っているリップル(Ripple=XRP)とネム(XEM=NEM)も人気で、この二つは高騰する材料が豊富な事から注目が集まっているコインと言えます。
ネムに関しましてはザイフでも取り扱っていますが、サーバーの面で少々心配な面があるものの手数料が安いというメリットがあり、ネムのチャットもありますので、ネムを取引きするのにオススメです。

2017年は仮想通貨元年と言われていましたが、2018年はICO元年とも呼ばれています。
ICOとはInitial Coin Offering(新規仮想通貨公開)の略で、資金調達したい企業が仮想通貨を発行するという資金調達方法で、イーサリアムはこのICOによって2014年に誕生しました。
世界中にある1000種類以上ものアルトコインはICOによって生まれ、これからもどんどん増えていきます。
そのほとんどはまだ低価格で、誰が開発されたのか分からず、この後発展していくかも分からないようなコインです。
そのようなコインはShit Coinと言われ、日本では草コインと呼ばれています。
しかし今はまだ低価格の草コインに投資し、利益を何倍にも伸ばし億り人となる夢を持つ人々が増えた事から、ICOに注目が集まっているのです。
仮想通貨というのはいつ消えてなくなるか分からない通貨で、だからこそ仮想という名前が付いています。
草コインは特に失くなる可能性と隣り合わせとなっていますので、投資する際が自己責任での投資が求められます。

2017年に仮想通貨への投資を始めた人々が次に目指すのは、低価格のアルトコインを大量に扱う、取引量世界一位の取引所であるバイナンスです。
この取引所は中国の取引所でありますが、日本語で表示する事が出来ると同時に登録が非常に簡単で、24時間の送付額2bit(ビットコイン)までなら本人確認無しでコインを購入し取引する事が出来ます。
画面も見やすく、取り扱い銘柄が非常に豊富ですので大変な人気で、2018年に入ってから新規の登録を求める人々が急増した事にサーバーが耐えられなくなり、今は新規登録の受付を一時停止しています。
回復には一ヶ月はかかると言われていましたが、現在は登録数を限定して新規登録を受付始めています。
受付開始時間はランダムながら2018年は間違いなくバイナンスが主流になっていきますので、登録しておくと仮想通貨投資において非常に有益となるでしょう。

アルトコインはビットコインの値動きに影響を受けやすく、ビットコインが高騰するとアルトコインも高騰し、ビットコインが下落するとアルトコインも下落する傾向があります。
それはビットコインが仮想通貨においてキングの位置にいる事を示しています。
しかし2017年はビットコインの年でしたが、2018年はアルトコインの年になっていきますので、主要なアルトコインをおさえつつ将来性や信頼度、自分の好みなどを織り交ぜながら投資するコインを取捨選択していく必要があります。
そうする事で仮想通貨での投資をよりよいものにしていく事が出来るでしょう。