国産アルトコインとして知られているモナコインMonaCoin
アルトコインとは何?その特徴について
アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨のことをいいます。そこで、アルトコインについて、アルトコインの市場規模や、国産アルトコインとして知られているモナコインについてご紹介!
・国産のアルトコイン、モナコイン
アルトコインには様々なものがありますが、国産の仮想通貨として知られているのはモナコイン(monacoin)です。国産ということで国内でも知名度もあり、一定の注目を集めているコインです。
モナコインは2013年に公開されました。モナコインのブロックはおよそ90秒となっていて、これはビットコインが10分位なのに比べると、ブロックが作られるスピードは速いといえます。モナコインは作成スピードが速く、発行総数は1億512万枚といわれています。コレハ、ビットコインが2,100万なので発行総数が多いといえ、この点はビットコインの短所をカバーして言えるといえます。
そして、モナコインのマイニングは、ビットコインと同じ仕組みが用いられているといわれており、コンピュータの性能が高ければマインングの効率も高くなるといえます。モナコインは長期的に価格が上昇しているといわれています。これはビットフライヤーがこのコインの取り扱いを始めたことがきっかけと考えられていて、それまでは90円くらいまでだったのが、ビットフライヤーで取引されるようになってから2000円を超えるくらいになったといわれているのです。このようなモナコインの例のように、仮想通貨は短期間で大きく価格が高騰することもあり、それが仮想通貨の魅力でもあります。
モナコイン 取引所
モナコインチャート