・リップルとは?Ripple
リップルも知名度の高いアルトコインとして知られている仮想通貨です。リップルは世界的なIT企業のGoogleが出資をした仮想通貨でもあり、Googleはリップるという仮想通貨の将来性を見込んだ上で出資したといえます。リップルは現在ある1000種類をこえる仮想通貨の中でも知名度もたいへん高く、世界中で取引記されています。リップルのメリットは通貨としての機能をこえるメリットがあり、通貨以上の機能をもっているのです。
リップルはスピードや送金にかかるコストという点で、銀行で行われているものよりも大幅な改善がなされていて、リップルを利用して行われる銀行送金ではコストが従来の10分の1に削減できるというメリットのある仮想通貨といわれているのです。
リップルの例からも、ユーザーとってメリットのある技術的なイノベーションが期待できる通貨はニーズがあって、買いたいという人が増えるということが分かる例でもあるといえます。

・アルトコインの市場規模について
アルトコインはビットコイン以外のたくさんある仮想通貨のことをいいます。そんなアルトコインの特徴として挙げられるのが、ビットコインよりも価格が安いという点で、アルトコインは後発コインなので、ビットコインの短所をカバーしているといっても知名度ではどうしてもビットコインにはかなわないということになります。そのため、知られていないということもあって買いたいという人も現在でもビットコインに比べると少ないといえます。そうなるとアルトコインに対するニーズがどうしても少なくなってしまって価格はビットコインよりも低いという特徴があるのです。
しかも、買いたい人も少ないので、売りたい人がいても売買の規模はどうしても小さくなってしまうという傾向もあります。売りたくても買いたい人が少ないので自分売買ができにくいといわれているのです。そして、取引の規模も少ないので、取引所の数は限られてしまうといえます。取引所を稼働するのにもコストがかかります。取引所の収入は売買をする人が支払う取引手数料になりますので、取引があまりなければわざわざ仮想通貨を上場させるメリットは少ないのです。そのため、アルトコインの取引所は限られ、取引をしたいという場合にはどの取引所で買うことができるのかという点を知っておくことが大切です。このように、アルトコインはまだまだ発展途上ともいえ、ビットコインに比べると市場規模は小さいといえるのです。

アルトコインはビットコイン以外の暗号通貨のことを示しています。アルトコインには様々な種類があり、よく知られているアルトコインとして、世界的に高い知名度があるリップルや国産アルトコインのモナコインなどがあります。それぞれスタートから価格が高くなっていったアルトコインです。
これらのアルトコインにはビットコインにない特徴があり、様々な機能があることが知られています。しかし、アルトコインの市場規模はまだまだ発展途上ともいわれており、今後の動向に注目が集まっています。それぞれのアルトコインには特徴があり、どのコインも他にはないオリジナリティの高い特徴があります。今後もアルトコインはますます注目されていくことで、その認知度も高まってくるのではないでしょうか。

リップルコイン
リップルフィッシャー
リップル 購入