仮想通貨Ripple(リップル)の概要

Ripple(リップル)は、通貨単位XRPの仮想通貨で、時価総額世界第3位の銘柄となっています。
発行上限枚数は1000億枚となっており、そしてその全てが既に発行されているため、これ以上の発行が行われることはありません。しかしながら現在市場に流れているのはその半分程度であり、今後徐々にその枚数が追加されていきます。
リップルはビットコインのような決済に用いられる仮想通貨とは異なり、イーサリアムなどに近い決済以外の様々な機能を持っている存在です。そしてその機能の中でも特に送金の面で優れています。
リップルを利用することで国を跨ぐ送金を短時間かつ非常に安い手数料で行えるため、多くの銀行がその存在に注目し、リップルネットワークと呼ばれるリップルを用いて国際間の送金を行うグループを立ち上げ、既に実際に使っているのです。その中には日本の三菱東京UFJ銀行などの大手銀行も含まれており、その将来が期待されています。
既に多くの銀行で実際に利用が始まっているということもあり、時価総額が世界第三位であることと合わせて、リップルの将来性は高く今後の値上がりも期待できる仮想通貨となっています。しかしながら、現在は市場に出ていないリップルをリップル社が徐々に市場に放出していくため、リップルの総量自体も増え、急激な値上がりというのは起きにくいかもしれません。実際2018年に入って以降、多くの人がリップルの将来に楽観的な期待を抱いていたものの、仮想通貨全体のブームの落ち着きもあってそれほどその価格は上がっていないのです。
どちらかというとゆっくりとしかし安定した値上がりの期待できる投資材料として、長い目で見た仮想通貨の投資を行う際の対象に向いていると考えられます。