ブロックチェーンについて
ブロックチェーンとは?
ビットコインが注目され、ブロックチェーンという言葉をよく聞くようになりました。
そこで、ブロックチェーンについてブロックチェーンとは?何かを優しく解説!

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンは金融とテクノロジーを融合させ、
日本でも注目を集めているフィンテックの1つ!
仮想通貨のビットコインを支えてイスシステムです。

ブロックチェーン 仕組みは、

取引情報はブロック単位で収納して保存するということなのです。
例えば、ビットコインを送金する場合、
送金する人が取引情報を発信し、
それに暗号署名加えてP2Pネットワークで送ります。

そして、その取引情報を入れるためのブロックが必要となりますので、
そのブロック生成のためのマイニングが行われます。

新しいブロックは10分に1つ作られ、
そのブロックの中に送金情報が入ります。
その後、ブロックは分散型データベースであるブロックチェーンに送信され、
それぞれのデータベースが自身のデータベースに受け取ったという情報を保存するということなのです。
そして、このブロックチェーンは成果中どこからでも観ることができます。
この点が、これまでの中央集権的なデータベースと違う点で、
過去の取引記録をいつでも見ることができるのです。

・ブロックチェーンはビットコインの基幹技術

ブロックチェーンは仮想通貨のビットコインに採用されている技術で、
このビットコイン ブロックチェーンは分散型台帳技術ともいわれ、
ICTや金融業界にいて革新的な金融テクノロジーです。

ブロックチェーンはビットコインの基幹技術として用いられ、
インターネットなどのオープンネットワークにおいて、
金融取引や重要データのやりとりを支えています。

可能にする分散台帳を実現する技術高い信頼性が求められる」であり、
それをビットコインが使用しているに過ぎません。

台帳で管理されるビットコイン

・分散された台帳で管理されるビットコインは、
支払いなどに用いることができ、
日本国内でも支払いに対応するショップなども増えています。

ビットコインをもっていると、
海外でも支払いに使うことができますので、
為替の影響を受けたり、
両替に手数料を支払う必要もなく支払いに使えます。

そんなビットコインは
ブロックチェーン ウォレットに保管しておくと便利です。

こうしておくと一度パソコンに登録したブロックチェーンを
外出した時などにブロックチェーン ログインして簡単に支払いにも使用できるようになるのです。

また、スマホのブロックチェーン アプリを
ダウンロードすると同期もできますのでとても便利です。

・ブロックチェーン 応用例

2016年くらいから非中央集権ということばが注目され、
ブロックチェーン 応用をしたサービスなどが劇的に増えているといわれています。

国・行政レベルの開発数も増え、
農業や国際ビジネスなどブロックチェーン
応用例は増えています。

中には、ブロック公証人サービスや
食品管理などのエリアでも用いられたりしているのです。

ビットコインは
通貨のボーダーをなくしたという革新的なサービスですが、
ブロックチェーンは不動産取引のボーダーもなくそうとしており、
不動産売買の際の高額な手数料や
取引完了までの時間の短縮化などにも
貢献しているといわれているのです。

また、アート作品の証明としても
用いられたりしているといわれているのです。

ブロックチェーン 応用例は
様々なものがあり、
今後も様々な応用例が増えるといえます。

・ブロックチェーン 銘柄
ブロックチェーン技術の開発や
サービスの提供などが注目されるにつれて、
そのような技術や
サービス開発などを行う企業にも
注目が集まります。

このようなIT企業の
ブロックチェーン 関連銘柄は、
市場が大きくなるにつれて
ますます注目されていきそうです。

ロックチェーン 関連銘柄は、
フィンテックにおいては
重要度が高いといわれている
仮想通貨や電子マネーのセキュリティや
管理システムとして有望なテックビューロ社の
プライベートブロックチェーンや、
Orb社のパブリックブロックチェーンの
技術開発やサービスなどに
関連する銘柄のことをいいます、

これらのブロックチェーン関連銘柄は
株式投資マーケットでも熱く注目されているのです。

・まとめ
ブロックチェーンは
金融とテクノロジーが合わさった新しいビジネス領域としても
日本でも注目されています。

フィンテックの仮想通貨のビットコインは
様々な話題を提供し、
今とても大きな注目を浴びている仮想通貨です。

このようなビットコインを支えている
ブロックチェーン技術がブロックチェーンで、
その仕組みは、
分散させた台帳に誰でもいつでも見れる情報が保存されているということなのです。

取引情報はブロック単位で収納し、保存されます。
10分に1つ新しいブロックが生成され、古いものからどんどんと連なって行っています。
このようなブロックチェーン技術が応用されたサービスが新しく開発されており、
このような新しい技術開発を進める企業が注目を集め、
そのような企業の銘柄であるブロックチェーン関連銘柄なども注目されているのです。