ブロックチェーンの仕組みについて
ブロックチェーンの仕組みについて簡単に解説!

ブロックチェーンは仮想通貨の中でも
中心的存在のビットコインに使われていることで
一躍世界的に有名になった技術、仕組みです。

仮想通貨に使われているので、
お金に関する仕組みなのかと思いますが、
お金だけでなく
どんな分野にも使える技術です。

まずはここではお金に適用した、
仮想通貨に適用したブロックチェーンということで説明します。

まず、日本円などの現実のお金は、
その紙幣、貨幣そのものに
1円や1000円などの価値を付与しています。

ビットコインなどの仮想通貨では、
保持するものは、
1BTC(BTCはビットコインの単位)や0.001BTCを
受け取った証と保管先のアドレスです。

ビットコインのやり取りでは、
「誰が誰にいくら送った」という記録のみが残ります。

「誰」は人の名前ではなく、
送り先、送り元のアドレスのみになります。

自分のアドレス宛に、
いくら送られたという記録が、
ビットコインを所持している証拠になります。

ただ単に「誰が誰にいくら送った」という情報を作れば
ビットコインが移動するわけではありません。

それではいくらでも嘘の情報で偽造ができてしまいます。
そこで考えられたのがブロックチェーン技術であり、
暗号技術で作られた仕組みになります。

「誰が誰にいくら送った」という情報を
送る元の人のみが持つ秘密鍵という
暗号に使う鍵を使って暗号化します。

そして作られた暗号化された「誰が誰にいくら送った」という情報を、
ビットコインを扱っているコンピュータに送ります。

ここで、ビットコインを扱っているコンピュータは、
ビットコインを一括に扱っているサーバーのようなものではなく、
ピアツーピアで繋がっている分散型コンピュータといい、
コンピュータ同士が
相互に繋がって通信しあっているネットワークを形成しています。

このコンピュータ同士接続しあっているネットワークに、
暗号化された「誰が誰にいくら送った」という情報が投げ込まれ、
一気にネットワークに接続されたコンピュータ達が暗号の解読を始めます。
暗号の解読は競争になります。

1番に暗号を解読できたものが
ビットコインの賞金をもらうことができます。

暗号の解読にはものすごい計算を
とんでもないスピードで行わなければいけません。

そのような計算能力を得るために、
様々な会社、国家が総力をあげてコンピュータを開発しています。

この暗号解読競争をマイニング(採掘)と言います。
金鉱を採掘するような作業なので
同じ言葉があてられたようです。

暗号解読されてやっと「誰が誰にいくら送った」という情報が現れます。
それが本当に正しい計算ができたかどうかを、
確認しなければなりません。

その確認するシステムもブロックチェーンには入っており、
暗号解読競争で負けた他のコンピュータ達は
今度は、その解読された暗号文が本当に正しく解読されたものかを確認します。

そして、一定数のコンピュータが、
この解読は正解ですと判断してやっと、
この「誰が誰にいくら送った」というアクションが実行されます。

こうしてビットコインの送金が行われます。

ここで、解読された「誰が誰にいくら送った」という情報にさらに、
次の暗号文のための「お題」が仕込まれます。

そして、次にビットコインを送金したい人は
その「お題」を使ってまた暗号化します。

このように、情報と情報がお題で繋がっているので、
この「誰が誰にいくら送った」という情報を「ブロック」と言い、
これが鎖「チェーン」のように繋がっているので、
この技術をブロックチェーンと言います。

この技術のどこがすごいのかと言うと、
世の中のビットコインの全取引が全て記録される上に
誰でも閲覧できるようになっているのです。

「誰が誰にいくら送った」という情報を誰でも見ようと思えば
いくらでも過去に遡って見ることができます。

ですが、ここで言う「誰」はただの送り元、
送り先のアドレスなので、
それがどの人の持っているアドレスかは秘匿化されます。
ここが匿名性を持つ仕組みの肝になります。

ですが、こうやって個人の匿名性は確保されますが、
お金の流れは誰でも見られるためにオープン化されています。

これは今までの銀行等で取引されている
現実のお金と大きく違うものです。

現実のお金は、
どのようにお金が移動したかを把握しているのは、
例えば銀行で送金した場合は、
その銀行の帳簿を見なければわかりません。

いくらでも隠すことができるのです。
ブロックチェーン技術を使ったビットコインでは
お金の流れは全てオープンになっているので、
匿名性を持つ暗号通貨という存在ですが、
不正をすることが極めて難しいとてもクリーンな存在なのです。

このようなブロックチェーン技術が現在ビットコインに使用されており、
世界中に広まり世界中でブロックチェーンの実験が行われています。
ブロックチェーンという技術を長期に渡って実験することで、
その仕組の素晴らしさが証明されています。

今後、この素晴らしい仕組みであるブロックチェーンは
お金以外の分野にもどんどん使われていくことでしょう。
そのような未来が来るのが楽しみですね。