仮想通貨について
今年も注目度が高い仮想通貨ですが、
ビットコインやイーサリアム、ネムなどよく知られる仮想通貨など増えてきました。

仮想通貨は別名、暗号通貨ともいわれ、コンピュータ上のシステムを通して利用することができます。

法定に通貨とは異なって、手に持ったりすることはできない通貨です。

また、中央銀行が発行している法定通貨とは異なり、中央集権的に管理されておらず、
ブロックチェーンなどのシステムの中で管理されるなどの特徴をもっています。

仮想通貨はボーダーレスに使用でき、
為替の影響なども受けないため、
支払いに便利だということで、
海外からの旅行者が日本でも利用するようになってその存在が注目されるようになりました。

2009年に誕生したビットコインですが、
現在は、ビットコインをはじめとする仮想通貨は1000種類を超えており、
仮想通貨のマーケットは拡大しているといえます。

また誕生して間もない仮想通貨ですが、
既に世界的に大きな注目を集めています。

最近のビットコインの高騰と暴落、
コインチェックのネムの盗難事件など話題に事欠かないといえます。

しかし、中央銀行によって直接管理されているという法定通貨とは異なり、
その使用についてはあくまで自己責任で行わなければなりません。

そのため、そのような課題を指摘する人もいます。

そんな、ビットコインなどの仮想通貨は今後どのように普及が進んでいくのでしょうか。

今後注目の仮想通貨について

ビットコインをはじめとする仮想通貨は取引所という場所で売買されることが多く、
取引所で口座開設を行うと、
通常の現物取引だけでなく、
レバレッジを効かせた取引やFX取引なども行えるところが魅力だといわれたりしています。

ビットコインは投資を目的にして保有する人も多くおり、
価格が高騰していた時期がありました。

しかし、大暴落などもあり、
様々な点でアルトコインなどに注目する人も増えてきています。

アルトコインはビットコイン以外の全ての仮想通貨のことを言います。
そこで、今後注目のアルトコインのイーサリアムやリップルについてご紹介してみたいと思います。

Ethereum(イーサリアム)

イーサリアムは2015年7月にリリースされた仮想通貨です。
リリース直後は300円くらいだったのですが、
40000円を超えるくらいの価格がついているのです。

イーサリアムはスマートコントラクトとよばれる技術で、
ビットコインではできなかった契約管理まで自動で行ってくれるのです。

そのため、ビットコインにはないメリットがあるのです。

イーサリアムはビットコインの次に注目されているといわれている仮想通貨で、
現在、1000種類以上もある仮想通貨では
時価総額がビットコインに次ぐ第2位と考えられている仮想通貨だといわれます。

イーサリアムにはブロックチェーン技術が用いられているのですが、
ビットコインよりもさらに機能が拡張されているのです。

スマートコントラクトだと、
誰にいつ送金するのかという契約内容が自動的に実行され、
さらに、契約実行後はその内容がネットワーク上に保存されるのです。

この点はビットコインと異なり、
ビットコインがブロックチェーンにおいてすべての取引記録管理がなされているのと比べると、
イーサリアムの場合には取引+契約内容管理まで可能で、

このことは、中央機関を経由せず契約内容を実行できるという特徴ともなっており、
その点がイーサリアムの特徴だといわれています。

中央機関を経由しないので信用性が低いという人もいるかもしれませんが、
そのような心配がないのがイーサリアムで、
安全な仮想通貨取引の実現が可能になっています。

スマートコントラクトでは、
これまでの契約内容が半永久的に保存され、
契約の経緯や権利譲渡などの具体的な契約履歴を保存することによって
信用情報を自動的に蓄積することができるのです。

分散型ネットワークであるブロックチェーンにその情報が保存されていきますので、
誰でもその情報を好きな時に見られるのです。

そして、ビットコインと同様に改ざんなどの不正ができにくいという点で信頼性はとても高いといえます。
このようにイーサリアムにはビットコインにない機能を備えており、今後注目される仮想通貨の一つです。

Ripple(リップル)

リップルは単純な通貨としての機能以上の機能をもつといわれている仮想通貨です。
リップルは世界的のよく知られたIT企業のGoogleが出資した仮想通貨で、
リップルは1000種類以上ある仮想通貨の中で時価総額ランキングは3位ともいわれている仮想通貨です。

リップルは、銀行間の取引でこれまでよりも
迅速でよりリーズナブルな手数料での送金することができるという通貨です。

決済システムがビットコインよりも迅速といわれ、
ビットコインが30分ほどかかるのに比べて、
リップルは数秒といわれているのです。

リップルはビットコインのデメリットを補うために開発されたコインだといわれ、
リップルは銀行間での取引をベースとし、
これまで時間がかかっていた送金時間の短縮や手数料を
よりリーズナブルにするなどによって
世界的にネットワークを拡大しているといわれています。

Googleが出資している仮想通貨で、
世界の大手の銀行など、
多くの銀行がリップルネットワークを利用して銀行間の取引などを行っているのです。

リップルは、通貨間の取引などで、
通常の海外送金だとこれまでの送金システムで中継の銀行を経由するといわれていますが、
リップルシステムを利用することで、
より迅速かつコストフィットな送金が行えるのです。

銀行間で行われる通貨間のやり取りについては、
リップルを使って交換を行うことができ、
日本ではSBIホールディングスとみずほフィナンシャルグループが
リップルシステムを利用して送金実験が行われました。

リップルを用いると現行間の送金課題の改善につながるといわれています。

銀行送金や国際送金時の為替レートの決定は銀行が行うので、
顧客にはあまりメリットが少ない場合もあるのですが、
リップルはコスト面で大幅に改善されているので、
銀行間送金ではコストが10分の1になるといわれ、
期待されているのです。

また、リップルは発行上限が999億XRPと決められており、
今後の発行数はビットコインより多く、
その点でも注目が集まっています。

今後、仮想通貨への注目はますます高まる

イーサリアムやリップルなどのように、
多くのメリットがある仮想通貨は今後ますます注目が集まる存在といえます。

この2017年には仮想通貨市場は大きな成長を遂げました。

しかし、成長と同時に課題など出ています。

今年のコインチェックのネムの盗難事件もその一つで、
管理上の課題が明らかになりました。

現在のところハッカーはまだ捕まっておらず、
盗難されたネムは別の仮想通貨に交換されることで資金洗浄が行われようとしているという動きなどがあります。

このような課題に対して
、市場がどのように対応していくのかという点については今後も注目されていくといえます。

また、スピーディでリーズナブルな送金コストなどが魅力となって、
市場参入が増えた仮想通貨ですが、
トランザクションの増加による送金遅延などのシステム上の課題などもあります。

そのため、仮想通貨の今後は、
新たなマーケットの拡大と
それにともなう課題や
リスク管理などにどう対応していくのかという点が
ますます注目が集まっていくといえます。