国内大手の仮想通貨取引所であるコインチェックで起きたNEMの大量流出事件は、
多くの仮想通貨保有者だけてはなく、
今まで仮想通貨を持たなかった人にさえ、衝撃を与えました。

被害を額である580億円という金額は、
2014年に起きた115億円のビットコイン流出事件をはるかに越える事になりました。

連日のように様々な報道がされ、
被害を被ったという芸人さんが新聞に載っていたりと、
かなりの騒ぎになりました。

テレビ番組では仮想通貨に対する基礎知識などを教えるコーナーまでが出来て、
皮肉な事ですが、コインチェックの騒動は、
逆に仮想通貨というものが脚光を浴びる機会を作ってしまったような気もします。

1月26日に発生したこの事件の対応は、
とても迅速だったと思います。

比較的すぐにコインチェック社による記者会見が開かれました。

しかし、開かれただけという印象が強かったというのが正直な感想です。

なぜ流出したのかとか?
補償はどうするのか?
といった、誰もが一番知りたい情報は見事にスルーされ肩透かし的な会見でした。

しかし、この手の問題が起きると、
しばらくは雲隠れする企業が多い中、
記者会見を開いただけでもすごいと思いました。

そもそもコインチェックという会社は
どういった会社なのかという興味も抱きました。

補償はすると言いましたが、
580億円分も補償するなんて可能なんでしょうか?

今回の騒動で、金融庁から業務改善命令が言い渡されたそうですが、
これからコインチェックがどうなるのかという事は、
仮想通貨保有者も、仮想通貨を、始めようとしている人にも、
そして今まで仮想通貨というものに触れてこなかった人にとっても、
大きく関わる事だと思っています。

本当に、仮想通貨というものが安心なのか?
補償されるとは言っても、
本当に、補償されるのかという、人々の疑問を払拭する為にも、
コインチェックの対応には興味が集まりました。

今まで、国内の数多くある取引所の中でも、
コインチェックは取引高や、
アプリ利用者の数でも1位を獲得するぐらいの、
人気も実力もある会社です。

登録方法や操作方法も簡単で、
初めて仮想通貨の取引所を使う時には、
まずコインチェックが良いと勧められていました。

更に、ビットコインを使って寄付が出来るというのも魅力でした。
仮想通貨そのものが銀行などの中央機関を通さないので、
利用する人も多かったのです。

それに、取り扱い通貨が多いのも
コインチェックが利用されている要因の1つででした。

ビットコインやイーサリアムも、
もちろんそうですが、
今回の流出被害となったNEMもその1つです。

しかし、なぜNEMなのでしょう。
別の仮想通貨でも良かったはずなのに、
なぜかNEMだけが狙われました。

そこには、NEMがいかにこれからの仮想通貨の行く末を
左右する仮想通貨なのかという事が分かります。

NEMは、簡単に言うとビットコインを改良した、
パワーアップした仮想通貨だと思えば良いのです。

これまでの仮想通貨と違うのは、
NEMは金銭面の平等を目指しているのです。

誰もが同じ金額だけを稼げるという
この考えは、とても魅力的でした。

それに、NEMほど便利な仮想通貨はありません。
買い物やサービスなどの決済にも使えますし、
イーサリアムのようにプラットフォームとしても利用出来る、
かなり使い勝手が良い仮想通貨です。

なぜ仮想通貨を取引している人達がNEMに注目するのかというと、
NEMはおそらくこれからも高騰する仮想通貨だと
考えている人が多いのです。

理想的な社会を、NEMは実現させようとしているのです。

それに、NEMはセキュリティも高いというのが評判で、
仮想通貨としての性能が非常に高いのです。

なので、将来への投資を考えた時に、
NEMを考える人は非常に多いのです。

そんなNEMに、
コインチェックも将来性を感じたのでしょう。

在庫として、コインチェックは多くのNEMを保有していました。

しかし、その事がかえってハッカーに、狙われる原因になったのだと思います。

しかし、まるで映画のような展開が繰り広げられるとは思ってもみませんでした。

噂では、NEM財団から指名された謎の女子高生ハッカーが、
今回の流出事件の犯人を追跡調査しているとまで言われていて、

もしもこれが事実だったら、
こんなすごい事はありません。

韓国の報道によれば、
韓国の取引所でもこうしたハッキング事件は起きていて、
今回のコインチェックの事件とは無関係ではないという見方が強いそうです。

何故なら、
この二つの事件には北朝鮮が大きく関与しているというのです。
もしもこの推測が正しいのであれば、
今や仮想通貨は国をあげての標的とされてしまったのです。

そして、1番最初の記者会見での
うやむやさが嘘のように、
1月28日には約26万人もいるNEMの保有者に対して、
補償を約束するという内容を発表しました。

580億円という破格の価格を補償出来るという事で、
最初のマイナスイメージを見事に払拭しました。

しかし、根本的な問題は解決出来たのでしょうか?
補償されればそれでもう良いという訳ではありません。

そもそも、今回の流出騒動が起きたのは、
そのセキュリティの甘さが原因であるという事が指摘されていました。

今回の事で、コインチェックだけではなく、
その他の取引所のセキュリティも、
もっと確実なものにしてほしいという事ですよね。

それに、誰もが知りたい最大の疑問。

誰が、どういう方法であんな多額の仮想通貨通貨を
流出させたのかという事です。

この疑問が解決されない限り、
安心して仮想通貨の取引など出来ないと思われます。

仮想通貨は、今や未来の通貨ではなく、
私達の生活に密着した通貨となりつつあるのです。

仮想通貨のセキュリティの1つに、
ブロックチェーンというものがあります。

このブロックチェ-ンは、
文字どおりデータをブロックのようにして、
ユーザー同士が管理するという不思議なシステムです。

このシステムが
今までは仮想通貨の安全を守ってくれていると思われていたのです。

しかし、今回のような流出騒動が起きた時には、
すぐに気が付く事が出来ませんでした。

この事は、少なからずユーザ-達を動揺させたのだと思います。

仮想通貨が本当の意味で安心して使えるのかは、
いまだ未知数かもしれません。

中央機関を持たない仮想通貨は、
自由な通貨です。

ですが、その自由さとは裏腹に不安定でもあるのです。

やはり、中央機関のようなものをおいて、
仮想通貨をきちんと管理してもらう必要があるのではないかと思います。

コインチェックでの、
今回の流出騒動で
ほとんどの人が仮想通貨に対する不信感を
一気に募らせたのだと思います。

国内でも大手の取引所が被害にあうという事は、
小規模な取引所だったら、とつい考えてしまいます。

仮想通貨を利用する人が世界中で増える一方、
仮想通貨は危険だと警鐘を鳴らす人もまた
日に日に増えていっています。

現に各国では
仮想通貨に対する意識が変わってきたという国も
どんどん増えています。

今回、コインチェックは補償の支払いと
会社の方針を見直すという事で経営は続けるらしいのですが、
どういう風に見直しを計るのかということを、
出来れば教えて欲しいと思うのですが・・・。

そうした説明をキチンとするのが、
今回の騒動を本当の意味で謝罪する事に繋がるのではないでしょうか?

補償だけすれば良いというような事は、
決してないのだと思います。

そして、ユーザー同士での連携も
もっと強固にするべきだと思います。