仮想通貨クレジットカードやデビットカードVISAやMasterCard

最近、仮想通貨での支払いが注目されています。
仮想通貨としてよくおなじみなのがビットコインではないでしょうか。

ビットコインは日本や世界中で利用することができて、
ビットコインに対応しているクレジットカードやデビットカードなども登場しています。

このようなクレジットカードやデビットカードなら
VISAやMasterCardに加盟している店舗で利用できるものなどもあって、
だんだんと仮想通貨での支払いも便利になっています。

ビットコインは人気が出ているのは分かったけれども
どこで使えるのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

しかしそのような思いに対して、
クレジットカードやデビットカードには加盟店で利用できるという体制が敷かれていて、
仮想通貨がより便利に使えるようになってきているのです。

例えば、バンドルカードというクレジットカードがありますが、
ビットコインで入金をすることができ、
VISA加盟店なら使用ができるというプリペイドカードの機能を提供しています。

一部には使えないお店もあるのですが、
VISA加盟店はとても多くありますのでビットコインを使いやすくなりますよね。

また、仮想通貨ビットコインで決済ができるデビットカードなども登場しています。
ビットコインに対応しているデビットカードならばVISAやマスターカードの加盟店で利用することができるので、
決済をしやすいというメリットがあるのです。

法人のETCカードだとクレジットカードなどを作ると利用できるようになったりするので、
どんどんと普及していくといいですよね。

このような支払い面でもメリットの他に、
仮想通貨には投資上のメリットなどもあるのです。
ニュースなどでも最近よくビットコインの高騰について聞いたりしたことがあるのではないでしょうか。

ビットコインの価値がどんどんと高くなってきて、
8倍もの価値が付いたということもあり、
年利で換算すると800%というすごく大きな投資の利益があったということだったのです。

このような高騰は他の金融関連の商品ではまずないともいわれているのです。
しかし、反対に暴落するリスクもありますので、
仮想通貨への投資はハイリスクハイリターン型の商品といえます。

このように、投資という点から見ると、
仮想通貨は今後の動向が楽しみな投資商品とも考えられているのです。

投資的なメリットと決済面でのメリットの両方から注目されているのが仮想通貨なのです。

送金手数料が安くて送金時間が速いというお得度や利便性に加え、
個人と企業間の支払いという方法に便利に利用できるという嬉しい点もありますが、
個人と個人の間のお金のやりとりにも使えるというメリットもあります。

そのため、離れて暮らしている家族に送金をしたいという人や
ちょっとしたプレゼントに使ってほしいという場合などに
仮想通貨を利用できます。

そして、仮想通貨には国内や海外などの区別はないので、
海外送金も国内送金も条件は同じなのです。

そのため、仮想通貨の利便性は高く、
利用するメリットも多いといえます。

法人ETCカードを作ると、
レンタカーであっても高速道路を通行する時に
時間帯や曜日なども気にせずに3割の割引を受けることができて
お得に高速道路を通行することができます。

このような通行料が仮想通貨で支払えるようになるとますます便利になりますし、
仮想通貨を使いたいという人ももっと増えるのではないかといえます。

また、仮想通貨のビットコインでチャージできる
クレジットカードなどの金額には上限などもあるといわれています。

チャージ1回当たりの上限が30000円で、
一か月間のチャージの上限額が120000円などと決められているものもあって、
カード残高の上限金額まで決められているようになっているということなのです。

そのため、大きな金額で買い物をしたいという場合には、
チャージをすることはできないようになっていて、
その点も普及は広がっているものの、
その普及の広がりのスピードを遅くしてしまっている原因の一つとなっているのかもしれません。

しかし、この先ますます普及が進んでいくうちにこの点についても変化が現れてくるかもしれませんよね。