実際に仮想通貨を実際に発掘しているわけではないマイニング!
仮想通貨のマイニングとはいったい何なのか?

近は仮想通貨が流行っている事もあってなんとなく仮想通貨という新しい投資があるくらいにしか思っていない人が大多数だと思います。

そして仮想通貨についていろんなメディアで取り上げられるようになってこれまで聞いた事がないような単語を聞く機会が増えたという人もいるかと思います。

その中でも特に印象深いのがマイニングという単語です。
マイニングというのは日本語で言うと発掘するという事になりますが
別に仮想通貨のマイニングというのは実際に仮想通貨を実際に発掘しているわけではないです。

マイニングという単語を使っているから分かりにくいですが
仮想通貨のマイニングというのは結局仮想通貨を発行する事を意味しています。

なので仮想通貨のマイニングというのは
新しい仮想通貨を発行する作業の事を指しています。

でも、中には仮想通貨のマイニングと聞いて何で仮想通貨を発行する事をマイニングと言うのか分からないと思っている人もいるかと思います。

ですが実際は仮想通貨の発行をする事をマイニングと言うのは理由があって
そもそも仮想通貨というのはその価値を担保するために予めその通貨の発行量が決まっています。

作る前からその発行枚数が決まっているからこそ信用が保てるというのがあります。
なぜなら仮想通貨というのは極論ただのデータで作ろうと思えばいくらでも作れるというのがあります。

なのでいくらでも作れたら仮想通貨の信用はなくなります。
それを防ぐために最初から発行できる枚数が決まっています。

なので仮想通貨を発行自体はやろうと思えば必要な設備があれば誰でもできます。
ですが、すでに言ったように仮想通貨の発行枚数は最初から上限が決まっています。

なので早い者勝ちで仮想通貨を発行する事になります。
当然上限枚数に到達すればそれ以上その仮想通貨は発行できなくなります。

なので早く発行しないともうやりたいと思ってもできないので
それがまるでゴールドラッシュ時の金の採掘のように見える事から
仮想通貨の発行をする事をマイニングと言います。

それで最近になって仮想通貨のマイニングというのを知った人が
自分も仮想通貨のマイニングをやってそれで報酬を得たいと思う人も多くなっています。

ただ最近は仮想通貨のマイニングを個人でやるのは無理な環境になってしまって
個人でやっている人は日本人ではほとんどいない状況になっています。

なぜなら、仮想通貨のマイニングをやるには当然パソコンが必要になり電気代もかかるからです。

なので同じ仮想通貨のマイニングでもどこでマイニングをやるかで全く儲けが違ってきます。

最近は世界でも電気代が安い国でたくさんのパソコンを使って大量に仮想通貨のマイニングをやっているという流れになっています。

なので仮想通貨のマイニングは今では電気代が高い国ではやっても意味がないという感じになっています。

仮に日本でビットコインのマイニングをやっても
それによって得られる報酬よりもマイニングにかかるコストの方が高くなってしまって全く儲からない状況になっています。

少なくとも日本で仮想通貨のマイニングをやっても
電気代が高すぎて儲けにならないので日本では仮想通貨のマイニングで稼いでる人はいないです。

ただ仮想通貨の黎明期はまだ今のような状況でなかった事もあって
日本でも個人で仮想通貨のマイニングをやって稼いでいた人もいます。

ですが今では世界で仮想通貨のマイニングをやって稼ごうと思う人が多くなってしまって
電気代の高い日本では勝負できなくなりました。

なので最近になって仮想通貨のマイニングというのを聞いた人もいるかと思いますが
そういう人の多くはがっかりしています。

これをやればお小遣い稼ぎくらいはできると期待した人も多いかと思いますが
実際はもう仮想通貨のマイニングで稼ごうと思っても電気代が安い国と競争しないといけないので全く利益にならないです。

ただ仮想通貨のマイニング自体はやり方は思った以上に簡単なのでやりたいと思う人は多いです。

なので電気代がかからない方法でなんとか仮想通貨のマイニングをやって収益にしたいと思っている人は多いです。

ただそのためには本格的に電気代が安い国に行く等しないといけないのでリスクは高いです。

そのリスクを抱えても良いと思っている人が電気代が安い国に行って
大量のパソコンを使って毎日仮想通貨のマイニングをやっています。

でもこれからそういう電気代が安い国に行って仮想通貨のマイニングをやってもライバルがすでにたくさんいる状況です。

その中で生き残っていくのは難しい状況なので
これから仮想通貨のマイニングをやっていこうと思うならそのリスクの十分理解した上でやらないといけないです。

それぐらい今はこれで簡単に稼げる状況でなくなっているので
注意が必要です。
これで稼ぐのは難しいですが
これからもっと仮想通貨の種類が増えていく限り
この作業をやる人がいなくなる事はないです。