仮想通貨 初心者におすすめ買い方やり方関する基本的な用語を解説

新たな投資先として世界中から注目を集めている仮想通貨。
価値のある革新的な技術を用いているだけあって、用語ひとつをとっても、よく分からないと感じる方も少なくないと思います。

仮想通貨に初心者におすすめ基本的な用語に関してお伝えしたいと思います。

そもそも仮想通貨とは

仮想通貨とは、暗号通貨とも呼ばれているインターネット上のお金の事です。

そもそもお金は、
円であれば日本国が、米ドルであればアメリカ国など、といった様に発行者が存在して中央集権的に管理されています。

一方で、仮想通貨には特定の管理機関が存在せずに、
不特定者に受け入れられている事で通貨的な機能を有するといった特徴があります。

また、インターネット上のデータとなるために、
札やコインといった現物は存在しないので、
盗難などの被害を防ぐ事ができます。

さらには、お金を外国で使用する時には、
両替やそれに掛かる手数料が発生します。

しかし共通の仮想通貨を持つ事でそういった煩わしさはありません。

また、送金に掛かる手数料も劇的に低く抑える事ができるのも特徴です。

なお、仮想通貨にはさまざまな種類があり
、延べ1500種類以上の仮想通貨があるといわれています。

仮想通貨の取引所と販売所について

仮想通貨は「買いたい人」と「売りたい人」を仲介する取引所を介して利用する事ができます。

なお、取引所では売買をはじめ決済サービスやコイン積立など新しいサービスを追加してる取引所が増えています。

また、取引所とは別に販売所も設置されている場合もあります。

両者の違いは売買相手になり、
取引所では基本的にユーザーのみで
販売所では販売所の運営会社になります。

取引所の特徴は、
取引に参加しているユーザー間で売買する事や、
板情報に出ている売買注文の取引価格と数量で取引できますので、
販売所に比べて安く買えたり、
高く売れるといった強みがあります。

一方で販売所の特徴は、
誰と売買しているのか把握できる事や、
販売所が提示する価格で売買できるといった事が挙げられます。

ちなみに、国内において最も人気で勢いのある取引所は、
某大物芸人さんのテレビCMで知名度を上げているコインチェックです。

仮想通貨の種類について

世界中に存在する仮想通貨は2018年1月現在で、
1500種類程度はあるといわれています。

その中でも代表的なものが、
ビットコインやリップル、イーサリアムやビットコインキャッシュといった仮想通貨になります。

ビットコインは、仮想通貨の中でも基軸通貨となっている最も有名な仮想通貨です。
電子マネーと同じデジタル通貨になるのですが、
世界中のどこでも送金手数料は同じで素早く送金することができる特徴があります。

次いでリップルは、Googleの投資子会社が出資しているという事や、
時価総額が上位にいる事でも有名な仮想通貨です。

日本のメガバンク銀行をはじめ世界の主要銀行もリップル社の送金システムを活用していく事を発表しています。

イーサリアムは、ビットコインから分裂して誕生した通貨で、
ビットコインの代わりとして注目を集めています。

ビットコインキャッシュは、
ビットコインの問題点ともいえる送金遅延や高騰する手数料などの問題を解決できる通貨として注目されています。

アルトコインについて
ビットコイン以外の仮想通貨の事をまとめてアルトコインと呼びます。
アルトコインは、ビットコインの欠点を改善することに重きを置いて、
安全で安心できる仕組みを作ろうとする試みの下で誕生した仮想通貨といえます。
また、アルトコインの数はどんどん増えており、
開発される度に高性能・高機能な仕組みが作られていく特徴もあるために、
将来性豊かな仮想通貨といえます。

日本発の仮想通貨

2013年末に日本産の仮想通貨として誕生したのがモナコインです。
国内はもとより、海外の大手仮想通貨取引所ビットレックスでも取り扱っている事からも、
非常に流通量の多い仮想通貨です。

主な特徴としては、平均ブロック作成間隔が約90秒とビットコインに比べてとても高い頻度でブロックがつくられています。
そのため、モナコインの発行上限枚数は1億512万となり、
ビットコインの場合は2100万枚を大きく上回っています。

また、時価総額は2017年10月時点で120位から一気に24位まで上昇するなど、
今後も海外からの資金流入による高騰が期待できるのではないかと思われます。

仮想通貨の購入価格について

ビットコインの価格が2017年には190万円を超えており、
これだけ高騰してしまったら、そうそう買えないと感じる方は多いと思います。
ところが2018年1月には大暴落
2月現在で一時60万円まで下落しています
その後100万円以下で推移しているのが現実です。

しかしビットコインにはmBTC(ミリビットコイン)や
μBTC(マイクロビットコイン)といった単位が用意されていますので、
10円でも購入する事ができます。

とはいえ最低取引価格は、取引所によってそれぞれ決められていますので
もう少し資金が必要になってきます。

それでも仮想通貨の中でも、最低購入価格はビットコインが最も高いのですが、
1万円程度から購入する事ができます

。一方アルトコインに関しては、
多くが数百円程度から購入する事ができますので、
初めて挑戦する方でも敷居は低いといえます。

この様に、仮想通貨ブームとなっている世の中ですが、
利用用途の広いビットコインを選ぶのか投資目的としてのアルトコインを選ぶのか、
目的を持って選ぶ事も大切なポイントになると考えます。